【資料公開】非ドラマーのままガチドラマーのフレーズを考え出す

 8月27日(木)に吉音内で行われた講座『非ドラマーのままガチドラマーのフレーズを考え出す』の資料を公開します。
 資料は以下のリンクから開くことができます。

非ドラマーのままガチドラマーのフレーズを考え出す

<以下説明文>
 このスライドは,私,吉音6回生のmAkinaが8月27日(木)に吉音内において実施した夏の講座『非ドラマーのままガチドラマーのフレーズを考え出す』において紹介した内容に,吉音公式サイトで公開するために加筆修正を行ったものです.
 吉音に入会して以来,ドラムや打楽器の演奏と並行して音楽制作を行ってきましたが,かねてより吉音内にて「ドラムフレーズを考えるのが苦手」「フィルインの考え方がわからない」などという声を耳にしてきました.
 楽曲の編曲過程において,自分の演奏経験のない楽器のフレーズを考えることはしばしば困難を伴います.特にドラムセットにおいては,多くのポピュラー音楽において主要な楽器でありながら,ピアノや管弦楽器等と異なり音階の概念が基本的には存在しません.且つ楽器の構造・演奏者の身体の動きが複雑です.多くの人々がドラムフレーズを考えることを困難に思う理由はこのような点にあると考えます.
 そこで今回,ドラムの演奏経験がない状態にありながら,自分の作りたい楽曲により適合したドラムフレーズ,また熟練したドラマーならではの高度で複雑なドラムフレーズを自力で考えていく際に役立つと思われるいくつかの考え方をまとめました.自分の楽器演奏経験と音楽制作経験をもとにしつつ,あらゆるジャンルの音楽に対応できるような考え方をまとめ,吉音の夏の講座で紹介いたしました.
 このスライドが,一人でも多くの方の参考になれば筆者として幸いです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です