【2021新歓】作曲・DTM用語集

ここでは作曲・DTMを行う際に用いられる言葉の解説をしています。

  • DAW [Digital Audio Workstation] ダウ/ディーエーダブリュー/ドー
    音楽製作を目的として音声の録音や編集ができるようにしたソフトウェア。後述のプラグインやサンプルを使用して、DAW 内だけで音楽製作を完結させることもできる。様々な会社が DAW を開発しており、それぞれ使い勝手が異なる。詳しくは DAW 紹介のページを参照。
  • DTM [Desktop Music] ディーティーエム
    PC と DAW を使用して、机に向かいながら音楽製作をすること。和製英語。DTM を趣味とする人を DTMer と呼ぶことがある。
  • My New Gear マイニューギア
    新しく機材を買ったことを SNS に投稿するときにつける言葉。転じて、新しい機材を購入すること。
  • MIDI [Music Instruments Digital Interface] ミディ
    電子楽器間を接続するための規格のこと。ふつう、どのタイミングでどの音をどれくらいの音量で鳴らすか、などの楽譜情報(信号)のことを指すことが多い。(主に)MIDI 信号を入力することによって作曲することを打ち込みという。
  • MIDI キーボード [MIDI Keyboard]
    MIDI 信号を入力するための鍵盤。MIDI キーボードを使用しなくてもマウスと(文字を打つ方の)キーボードで打ち込みは可能。
  • エフェクト [Effect]
    楽器の音色に様々な変化を加えること、またはそのための機材・プラグインのこと。
  • オートメーション [Automation]
    DAW やプラグインのパラメータを曲中で自動的に変化させること。
  • オーディオインターフェース [Audio Interface; Audio IF]
    楽器の録音や、スピーカーやヘッドホンの駆動をするための音楽製作用の機器。
  • 落ちる [crash]
    DAW が動作を停止すること。保存していないデータは消えるのでかなりへこむ。
  • 音楽理論 [Music Theory]
    既存曲のコードやメロディなどに現れるパターンをまとめた体系。ちなみに音楽理論を知らなくても曲は作れる。
  • コード [Chord]
    和音のこと。
  • コード進行 [Chord Progression]
    曲中に現れるコードの順番のこと。この順番を工夫することで曲に様々な雰囲気を持たせることができる。コード進行には一定のパターンがあり、音楽理論で説明される。
  • サンプル [Sample]
    楽器の音を音声データ化して DAW 上で扱えるようにしたもの。
  • シンセサイザー [Synthesizer]
    楽音を電気的な手法で合成して鳴らす楽器。ハードウェアとして実現されるもの(ハードシンセ)やソフトウェア(プラグイン)の形で実現されるもの(ソフトシンセ)など様々な方式がある。
  • パン [Pan]
    音がどこから(ステレオなら、左右どの位置から)聞こえるかを表す用語。日本語では定位という。
  • ピアノロール [Piano Roll]
    画面の左端縦方向にピアノ鍵盤を配置し、上下方向が音の高さ、右方向に時間軸を取った MIDI 信号の音符データ編集画面のこと。MIDI 信号の編集においてもっともよく使われる画面である。スクリーンショット 2021-04-02 9.41.04
  • プラグイン [Plugin]
    DAW 上で様々な楽器、シンセサイザーの音や、様々なエフェクトを利用するために使用するソフトウェアのこと。プラグインの規格として VST、AU、AAX などがある。
  • ブラックフライデー [Black Friday]
    様々なベンダーでセールが行われ、プラグインが安く買える日。11 月の第 4 木曜日。多くのDTMer がプラグインを買いすぎて金欠になる日。
  • プリセット [Preset]
    ソフトシンセやエフェクトの設定をあらかじめ記録しておいたもの。欲しい音色や効果を手軽かつ素早く手に入れることができる。
  • モニター [Monitor]
    現在の音の状態を確認すること。または、そのために特化したスピーカーやヘッドホンのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です